~熟女でもキャバ嬢になりたい~

キャバクラの給料の仕組みを知ろう!!

2018/04/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -

キャバ嬢の給料は変動制のお店がほとんど

キャバ嬢の報酬システムについて、まとめてみようと思います。
普通バイトをするとなると、時給1,000円のように時給制で働くのが一般的です。
一度1,000円と固定されれば、よほどの事がない限り変更されません。
昇給するまではずっと1,000円であり、それが3か月で900円になったり、1,500円に変動する事はまずありませんよね。

でもキャバクラは違います。
固定時給と変動時給の2種類があり、ほとんどのお店が変動制を採用しています。
ただし新人キャバ嬢の場合はまだ固定客がついていないので、最初の3か月前後は固定時給で働くのが一般的。
私も最初は3,000円の時給で働き始めました。
今も時給額はあまり変わっていません。
固定客がそれほどいないので、これは仕方がないですね(汗)キャバクラは実力の世界だと思ってください。

もし他店から移店してきた人で、すでに顧客がたくさんいてお店にガンガン呼べるのであれば、固定時給ではなく最初から変動時給にしてもらった方が良いですよ。
変動制のお店はキャバ嬢に営業力があればいくらでも稼げますから。
それがナイトワークの魅力でもあります。

では、変動制の報酬体系についてチェックしていきましょう!

本指名や同伴数をポイント化する「ポイントスライド制」

キャバ嬢はより多くの顧客を固定客として掴み、その方々を定期的にお店に呼んでお店の売り上げに貢献するのが大事なお仕事です。
本指名のお客様を呼ぶほか、店内でも「〇〇ちゃんを呼んで」と場内指名が入れば、お店の売り上げに貢献したとみなされ評価されます。
同伴出勤も同じですね。
キャバ嬢がお客さんを連れて来てくれたのですから、当然成績としてカウントされます。
このように本指名、場内指名、同伴出勤などの営業成績をポイントに換算し、決まった期日に集計した合計数により時給が決まるのが「ポイントスライド制」です。

売り上げに応じて時給が変動する「売り上げスライド制」

本指名や場内指名の回数よりも、単純に固定客がどれくらいの金額を使ってくれたかで時給が決まるのが「売り上げスライド制」です。
もし数人の太客が一気に大金を使って飲んでくれるなら、この売り上げスライド制が絶対に有利!
例え顧客の数や指名の回数が少なくても、この報酬体系であれば大幅な時給アップが狙えます。

本指名での売り上げが0~9万円なら時給2,500円、10~20万円だと時給3,000円など売り上げ金額次第で翌月の時給額が変動していきます。
一般的にキャバクラで多く採用されているのはポイントスライド制ですが、中にはポイントスライドと売り上げの両方の報酬体系をバランス良く取り入れているお店もあります。
変動時給制のお店に入店する時は、時給はポイントスライド制なのか売り上げスライド制なのか、それとも両方で評価してもらえるのかきちんと説明を受けておくと良いですよ。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 赤羽のキャバクラは熟女向け , 2017 All Rights Reserved.